MESSAGEメッセージ

ヒトが中心の
コミュニケーション
サービス企業を
目指して

日本は、21世紀になって
ほんとうによくなったんでしょうか?

確かに、グローバリズム、
IT技術の進化によるネット社会の発達など
革新技術は、社会を便利にしてきました。
しかし、いくら技術が進化しても、
それを使うのは「ヒト」です。

「ヒトとヒト」、「ヒトとモノ」、
「ヒトとコト」、「ヒトと情報」

これらを繋ぐ、役割が
社会コミュニケーション活動といえます。
また、コミュニケーション活動のための
デジタル技術も、
先端技術も、芸術アートも、
実はそれらを「手段」として使いこなすのは
「ヒトの感性」なのです。

私達の会社は、
「ヒト」の能力についているものが商品であり、
50人いれば50通りの商品があります。

つまり、個人力をアップさせ、
チームとして活かしていく場が、
わが社の「仕事の場所」です。

私たちは、コンプライアンスを厳守し、
デジタル、アナログの
コミュニケーション技術を駆使し、
「ヒト」が出会うすべての「コト」との、
コミュニケーションを
サポートする仕事を通じて、
社会に貢献できる企業を
目指していきます。

代表取締役社長 間藤 芳樹
代表取締役間藤 芳樹